気になるニュースを書いています。

honokoko time

アニメ エンタメ

映画『鬼滅の刃』主題歌【炎】へ込めた思いとは?LISAが大切にしたことは?

投稿日:

スポンサーリンク

画像

人気漫画鬼滅の刃。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が16日公開され

公開初日だけで興行収入10億円を突破。

主題歌LiSAさんが歌う【炎】(ほむら)最新アルバム『LEO-NINE』は

デジタル3冠など、1位獲得数記録史上最多の7冠達成。

LiSAさんの今までのインタビューから【炎】への想いを解読。

大切にしたこと、どんな気持ちでLiSAさんは歌っているの?

画像出典:Twitter

予告での炎(ほむら)

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の予告に流れる 【炎】ほむら

予告だけでも感動してしまうという声が続出。

感動的なシーンと歌に鳥肌が立ってしまいます。

 

大切にしたこと、思い描いたことは?

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編東京スカイツリー点灯イベントで

台本を読まれた梶浦由記さんと共に歌詞を書かれる際に大切にされたこと、

思い描いた事は?という質問にLISAさんが答えています。

LISAさん、原作の中で無限列車編は原作の中でもすごく好きな話だそう。

梶浦さんと皆で気合が入った状態で書いたんだそうです。

劇場版を楽しみにしている皆さんが、劇場でデビューを堪能したものをそのまんま浸って

家に帰れるような、ある意味作品を引きずって帰ってしまうような

作品にどっぷり浸かれるよう言葉づかい、直接的に伝えられる分かりやすい

言葉づかいを含め、作品に寄り添いながら制作したと語っています。

 

スポンサーリンク

炎にどんな気持ちを込めた?

主題歌どんな気持ちを込めて歌われたのか?という質問にLSAさんは

無限列車編がとても好きで、何度も漫画を読みながら、梶浦さんに思いを伝えながら、

半分半分な気持ちで制作したそうです。

結果、映画を見終わった後、見ている途中にも自分が描いていた歌詞の一つ一つだったり、

思い描く場面が沢山出てきて、大切にそこ場面も全部きちんと描いて

くださっているんだと感じとてもうれしかった。と語っています。

 

LISAさんのコメント通り、見終わった直後に流れるエンディングで

映画の内容と炎の歌詞がリンクし涙腺崩壊です。

エンディングロールに流れる炎の歌詞に合わせた映像も見逃せません。

炎への想いとは?

劇場で物語をより深く感じてもらうともっとこの楽曲の深み、皆さんに寄り添っていけるのかなと思います。鬼滅の刃の物語もそうですし、悲しみを感じたことのある皆さんに寄り添える楽曲になっていくといいなと思います。

イチオシの煉獄さんがスクリーンで大暴れする姿をすごく楽しみにしていたそうです。

映画館で大きなスクリーンで大きなスピーカーで鬼滅の刃の世界に浸って欲しい。物語を感じた後に聴いていただくともっともっと物語に寄り添った、そしてフレーズ、フレーズがもっともっと深く皆さんに届いていくのかなと思います。

大切な人に向ける決意の歌

 

この投稿をInstagramで見る

 

2020/10/14 #LiSA #LEO-NiNE #炎 【HP】http://www.lxixsxa.com/sp/ ⑤ 🦁NEW ALBUM「LEO-NiNE」(レオナイン)🦁 #紅蓮華 #赤い罠(who loves it?) #ADAMAS #愛錠 #マコトシヤカ など含む全13曲入りです☻ 「LEO-NiNE」ライオンのように。堂々とした。勇猛な。という意味を持つ言葉です。 9年でたどり着いた真っ直ぐなアルバムです。 このアルバムが完成して、私自身未来がもっとワクワクしてる。 未来が最高だと信じ、願うキミへの。。。というか、キミと私の歌がいっぱいつまったラブレター(CD)です。 🔥NEW SiNGLE「炎」(ホムラ)🔥 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の主題歌。 作曲は、劇伴も担当されていて、テレビアニメ版ではED from the edgeを制作くださった梶浦さん。そして、作詞は梶浦さんと私で世界に浸ったまま劇場を後にできるように制作させていただきました。大切な人に向ける決意の歌です。劇場版10/16公開です!ラブレター(CD)ゲットして劇場で浸って、ラブレター(CD)を抱きしめながらもう一度劇場に戻りたくなるよ。きっと。 #LiSA #10月14日同時発売  沢山お祝いのことば、嬉しいことば、ありがとうございます。 さまざまな形で取り上げていただいてありがとうございます。 私の2020年がやっと動き出した気持ち。

LiSA(@xlisa_olivex)がシェアした投稿 –

 

作詞:梶浦由記、LiSA

作曲:梶浦由記

編曲:梶浦由記

まとめ

炎はLisaさん梶浦さんの熱い思いがこもった

素晴らしい楽曲でした。エンディングで聴くとまた涙涙です。

聴きようによって、色々な解釈ができるので

聴くたびに色々な角度から感情移入してしまいそうですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

-アニメ, エンタメ

Copyright© honokoko time , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.