気になるニュースを書いています。

honokoko time

ニュース

【新型コロナウイルス肺炎】症状は?潜伏期間は?予防対策は?感染源、感染経路は?身を守る対策を

更新日:

スポンサーリンク

日本でも各地で続々とコロナウイルスの感染のニュースが入っていますが、

もし身近に感染者がいたら?!どんな症状、潜伏期間はどれくらい??予防方法は??

これからどのように予防していけばよいのでしょうか?

東京都感染症情報センター、厚生労働省の情報を参考にまとめてみました。

 

コロナウイルスの症状は?

発熱、せきなどの呼吸器症状が報告されています。

ちなみに、喉唾液の検査では確認されず、肺から出た痰で判明した例もあるようです。

 

潜伏期間は?

潜伏期間は現在のところ不明ですが、他のコロナウイルスの状況などから、

最大14日程度と考えられています。

 

感染源、感染経路は?

感染源は、現在調査中です。武漢市の市場(以下、華南海鮮城)の関係者から多数の患者が報告されており、

野生動物の可能性などが考えられています。

感染経路は、現在調査中ですが、患者と濃厚に接触することによる飛沫感染

ウイルスに汚染された環境にふれることによる接触感染が考えられています。

ヒトからヒトへの感染は認められるものの、感染の程度は明らかではありません。

 

 

中国はこれから春節を迎え、日本にも沢山の旅行者がやってきます。

これからも同じような例が多数出てくる事は否定できません。

では今後どのように感染予防していけばよいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

新型コロナウイルス肺炎、感染予防策は?

厚生労働省は、感染予防に関してこのような発表をしています。

◆国民の皆様へのメッセージ

○新型コロナウイルス関連肺炎に関するWHOや国立感染症研究所のリスク評価によると、現時点では本感染症は、家族間などの限定的なヒトからヒトへの感染の可能性が否定できない事例が報告されているものの、持続的なヒトからヒトへの感染の明らかな証拠はありません。風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。

出典:厚生労働省ホームページ

 

風邪・インフルエンザと同様、通常の感染対策が重要と説明しています。

 

やはりマスク、手洗い、基本的な感染予防は必須ですね。

前回インフルエンザ予防も特集したのでこちらもぜひ参考に。

保存版!インフルエンザ予防方法!効果的なあれこれ19ヒルナンデス!コロナウイルスにも?!

身を守れるのは自分自身。万全な予防策で感染予防をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-ニュース
-,

Copyright© honokoko time , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.