気になるニュースを書いています。

honokoko time

エンタメ オリンピック 未分類

オリンピック松田瑞生「なにわの筋肉女王」究極の? 経歴家族性格は?鍼灸師の母

更新日:

スポンサーリンク

笑顔を武器に、腹筋を武器に頑張ります!

松田 瑞生さん、その鍛え抜かれた腹筋から「なにわの腹筋女王」と呼ばれている。

松田 瑞生さんをもっと知りたい!

小学校の卒業文集には

オリンピックに出て優勝する!と書いてあった

小さい頃からの夢だった!

8日の名古屋ウィメンズで“落選”が決まった。

今後について問われると「まだ気持ちの整理がついていない」と涙を流す場面もあった。

写真

 

周りを元気にするムードメーカー、明るい笑顔が印象的な松田 瑞生さん

性格、経歴や学歴を調査してみました。

 

松田 瑞生さんは、日本の陸上競技選手で、専門種目は中距離走・長距離走・マラソン。

「なにわの筋肉女王」

この腹筋から、「なにわの筋肉女王」と呼ばれるのでしょう。

毎日腹筋1000回しているという! かっこいい!

スポンサーリンク

プロフィール

・愛称:みずき
・本名:松田瑞生
・生年月日:1995年05月31日
・年齢:24歳(2019年6月現在)
・出身地:大阪府
・血液型:A型
・身長:158cm
・体重:46㎏
・活動内容:陸上、マラソン選手
・所属グループ:なし
・事務所:ダイハツ(実業団)所属
・家族構成:父、母、姉、妹、

松田瑞生さんの家族構成は、姉と妹、そして弟がいます。

4人兄弟の2番目に生まれた松田瑞生さんは、小さい頃から活発な性格だったそうです。

松田瑞生さんの家族は4人の子供がいる6人家族という

「子だくさん家族」として陸上界でも有名のようです。

 

松田瑞生さんの性格とは? 小さい頃からの夢!

幼い頃からの友人いわく、

小学生からの負けず嫌い

誰よりも負け嫌い、究極の負けず嫌いだったそう。

負けず嫌いだからこそ、落ち込んだり負けたりしたら誰よりも燃えるような子だったそう。

基本的にすごい明るくて元気、瑞生がみんなを明るくしてくれる。

小学校1年生から、6年生まで地元のマラソン大会は、全部6年間優勝。

小学校の運動会も1位。

中学生の頃は、男子を1周遅れにするくらい早かったそう。

小学校の卒業文集には

オリンピックに出て優勝する!と書いてあったそう

小さい頃からの夢だった!

 

 

松田瑞生さんの実家は鍼灸院

母親の明美さんが鍼灸師として院長を務めているそうです。

松田瑞生さんが本格的に陸上に取り組み始めた高校時代から、

実家の鍼灸院で母親に体の状態をケアしてもらっていたと言います。

松田瑞生さんは実家の家族の支えがあったからこそ、今まで怪我なく陸上に取り組めたと

家族への感謝の気持ちをインタビューで語っています。

 

学歴:

大阪市立遠里小野小学校卒

大阪市立大和川中学校卒

大阪薫英女学院高等学校卒

 

小さい頃から運動抜群だった松田瑞生さんは、小学生の時は柔道、

中学1年生ではバスケ部に所属していた経歴を持ちます。

しかし、中学2年生で陸上部に転向して一気に才能が開花し、

初めて出場した試合でいきなり大阪市内優勝の成績をおさめました。

そして全国大会にも出場経歴を持つ松田瑞生さんは、

高校は陸上の名門校である大阪薫英女学院に進学しました。

そこで駅伝に出会った松田瑞生さんは陸上のトラック競技から駅伝に転向して

めきめきと頭角を現し、業団に進んだ後は初のマラソン競技に挑戦しています。

 

松田瑞生さんは大阪薫英女学院高等学校3年生の時に

エースとして都道府県対抗女子駅伝に出場し、大阪府の優勝に貢献しています。

その後の全国高校駅伝では区間優勝をしたものの、

惜しくもチームは5位という結果に終わり、悔し涙を流しました。

松田瑞生さんは大阪薫英女学院高等学校卒業後は、

大学には進学せず実業団で技術を磨いています。

松田瑞生さんは陸上の名門校である「ダイハツ」に進み、

マラソンで東京五輪代表を視野に入れてフォーム改善に着手していきました。

松田瑞生さんが強靭な腹筋を持っていることに目を付けた監督は、

マラソン向きだとすぐに見抜いたそうです。

 

調べていくうちに、芯が真っすぐな松田瑞生さんが大好きになりました!

底抜けの明るい笑顔でと、強靭な腹筋、究極な負けず嫌いで、

これからも頑張ってください!!応援しています。

 

 

スポンサーリンク

-エンタメ, オリンピック, 未分類
-,

Copyright© honokoko time , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.