気になるニュースを書いています。

honokoko time

オリンピック

オリンピックミュージアム聖火トーチ展示 最寄り駅 入場料?所要時間は?おみやげ、グッズなど!

更新日:

スポンサーリンク

オリンピックのチケットの抽選外れてしまった方も多いと思いますが、

折角なら、日本開催のオリンピックをテレビだけでなく行って体感したい!

そんな方にもおすすめ。間近でオリンピックの聖火トーチを見る事も出来ます。

新国立競技場の目の前に2019年9月14日に新しくオープンした“日本オリンピックミュージアム。

オリンピックの歴史などについて楽しく学べ入場料500円以上の価値のあるスポットらしいです。

オリンピックミュージアムに遊びに行ってみませんか?

出典:世田谷ローカルより

 

開館時間・定休日・入場料

開館時間は10時~17時。 月曜定休(月曜が祝日の場合は翌平日休館)

 

入場料は500円(高校生以下無料)

シニア65歳以上は400円

団体20名以上(事前連絡)は400円

場所:東京都新宿区霞ヶ丘町4-2 JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE1・2F

アクセス方法は?

東京メトロの「銀座線 外苑前駅」の3番出口から徒歩5分

都営大江戸線の「国立競技場駅」のA2番出口から徒歩10分

JR中央線、総武線の「千駄ヶ谷駅」「信濃町駅」から 徒歩12分です。

総武線を利用する場合には各駅停車の電車にお乗りください。

日本オリンピックミュージアムはJAPAN SPORT OLYMPIC SQUAREの中にあります。

出典:オリンピックミュージアムホームページより

 

各Twitterの反応

展示内容は?

日本オリンピックミュージアムは大きく分けて3エリア

モニュメントが建ち並ぶ屋外エリア

無料で楽しめる1階無料エリア

さまざまな学び、体験が出来る有料エキシビションエリアです。

 

1階は「ウェルカムエリア」と呼ばれる無料で楽しむことが出来るエリアです。

企画展やトークイベント、研修会などが開催されていく予定なのだそうです。

1階から入館すると、まず「ウェルカムビジョン」に迎えられます。

アスリートの瞬間の動きや開催都市の変化を、大画面の迫力ある映像で見ることができます。

その奥にはアスリートへの応援メッセージを書くなどの参加型イベント

企画展スペースとなる「ウェルカムサロン」、

研究拠点となる「オリンピックスタディセンター」が。

レセプションはミュージアムショップも兼ねており、

ここでしか買えないオリジナルグッズが充実しています!

「FIVE RINGS CAFE」という休憩スペースもあり、ドリンクなどを購入することができます。

 

ファイブリングスカフェ (FIVE RINGS CAFE)

営業時間

10:00~17:00 日曜営業

定休日・月曜日(月曜が祝日または休日の場合、翌平日休館)、他、年末年始及び展示替期間等

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

予約、お問い合わせ・03-6910-5561

出典:世田谷ローカルより

スポンサーリンク

体験が出来る有料エキシビションエリアとは?

2階の有料エリアには、

「オリンピックを知る、学ぶ、感じる、挑戦する、考える」をテーマにした体験コーナ

オリンピアンに挑戦!体験コーナー「TRY(挑戦する)」があります。

「オリンピックゲームス」には、「RUN」「THROW」「JUMP」「TARGET」「BALANCE」「SYNCHRO」

といった6つのコーナーがあり、どれも面白そうです!

 

「BALANCE」バランス能力を体感

ジャンプの最高到達点をオリンピアンと比較することが出来る体験コーナーです。

競技場の映像を見ながら、選手のようにジャンプしてスキージャンプやモーグル、

サーフィンなどが体験できます。

 

「RUN」オリンピアンの速さや歩幅

スタートラインにたつと床に映し出されるオリンピアンの足跡のプロジェクションマッピング。

その足跡でさまざまな種目の走る速さや歩幅を体感することができます。

オリンピックレコードの足跡がプロジェクションマッピングで出てきます。

ウサイン・ボルトの走る速さも体験できます。子どもはもちろん、大人も驚きの体験です。

他にも映像と音響でオリンピックの迫力を感じることが出来る巨大スクリーンや、

オリンピアンのインタビューやエピソード映像を見ることが出来るコーナーもあります。

 

「JUMP」オリンピック選手とジャンプ力測定

ジャンプの最高到達点をオリンピアンと比較することが出来る体験コーナーです。

コーナー内の定位置でジャンプすると、自分のジャンプした記録とさまざまなオリンピアンの記録が映像に出ます。

フィギュアスケートの男子シングルの回転ジャンプや、

バレーボール女子のジャンプ、バスケットボール男子のジャンプの高さの記録と競えます。

「TARGET」では射撃

「THROW」では砲丸投げ

「SYNCHRO」ではシンクロナイズドスイミングを体験できます。

 

「FEEL(感じる)」コーナー

巨大なスクリーンが設置された「オリンピックシアター」は、

臨場感あふれる映像と音響で、オリンピックの迫力を体感できるコーナー。

さまざまな大会の開会式の様子や、オリンピアンの躍動を感覚的に伝える映像が映し出されます。

 

オリンピックミュージアム所要時間は?

施設観覧や体験の所要時間はその日の混雑状況の差が大きい施設です。

一つ一つの体験時間はそれほど長く無いようですが、混雑状況により待ち時間が発生。

また展示物も多いので、一つ一つじっくり見て、体験していきたいという方は

2~4時間必要かも知れません。

観覧できる時間が限られた中で見るという方は、

オープン後の待ち時間情報なども確認してからの訪問がお勧めです。

 

お土産、グッズもここでしか買えない

Tシャツ、観戦タオル、オリジナルキャップ、タンブラー、ボールペン、

ノート、オリジナルキャップ、など他にも多数もあるようです。

出典:世田谷ローカルより

公式グッズとまた違うデザインのようなのでぜひともGETしたい!

オリンピックを先取りし、気分を盛り上げるのはいかがでしょう?

 

 

 

スポンサーリンク

-オリンピック
-, ,

Copyright© honokoko time , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.